ゲームクリエイターになるための学校とは!

どんな形でゲームに携わるのか

ゲームクリエイターになるための学校があります。要するにゲーム制作専門学校であるわけですが、別に資格があるわけではなく、なれるといってもその可能性を高めてくれるだけです。また、どんな形でゲームに携わるのか、と言うのがとても重要なポイントにもなります。具体的にはプログラマーかシナリオライターかグラフックの三種類があります。営業関係の仕事もありますが、そこまでクリエイティブではないですし、学校で学べることではないです。

自由にゲームを作れる環境が

自由にゲームを作ることができるわけでもありますが、課題として作るようにもなります。学校であるわけですから、これはとても重要なことです。最初はまずはゲームの基礎から作ることになります。また、当たり前ですが、一人で出来るようなことではないです。プログラミングも出来て、絵もかけて、ゲームデザインもできる、という人は殆どいないです。そのため、チームでやることが多く、最初に班を決めて作るようになる学校が多いです。

最終的にはゲーム会社に就職

こうした学校に行くことの最終的な目標というのは、会社に就職することです。もちろん、その後、実際にゲーム作りに携わって行くことになりますが、学生時代の目標は大きなゲーム会社に入社することです。当たり前ですが、コネもありますし、実力もある世界です。ゲーム専門学校によっては、そうした就職活動の支援がかなり充実しているところもあります。実力、スキルがあっての話ではありますが学校が支援してくれるのは有難いことです。

ゲームの専門学校では、知識だけでなく技術も身に付く実習を多く取り入れたカリキュラムとなっているので、実践的な教育が受けられるというメリットがあります。