就業規則ってむずかしい?と思ったら社会保険労務士へ

就業規則の相談なんでもどうぞ

会社に勤める人にとって、就業規則は基本となるものですが、意外とその存在・内容を分かっている人は少ないものです。与えられた仕事、そして見出した仕事をすること等で勤務時間が終わるのが多数の方の勤務形態ではないでしょうか。その基となっているのが就業規則で、勤務の基本を定めています。労働基準法を基に作られており、しかも、会社の方針・実態を加味して作成します。規則はルールですので、その作成は、勤める人の基準ですので、慎重に作成・変更する必要があり余す。作成・変更の際は、悩みはつきもの、いつでも相談をしてください。

社会保険労務士って何するの?

社会保険労務士って聞いたことありますよね。でも、何をしている人なのでしょう?読んで字のごとく、社会保険と労務を業としているのでしょう、そんな推測はできます。会社に勤める人なら、健康保険や雇用保険というのは、ご存知でしょう。身近なところでは、その加入・喪失・変更の手続きを業として、代理できるのですよ。それから、会社経営者の方の社会保険や雇用の相談を受けてくれるのですよ。会社を縁の下の力持ちとして支えてくれるんですよね。

労務診断してもらいたいなと思うとき

会社に勤める人にとって、会社での仕事は、一日のそして人生の大部分を占めるものですよね。それが、楽しくなければ、人生も楽しくないでしょう。でも、万事うまくいき、勤められてる人は、どれだけいるでしょうか。どの会社でも悩みはつきものでしょう。仕事と家庭の両立や仕事と趣味の両立等々、勤める人と会社との働き方の調整をするのが、労務診断です。ミスマッチを最小限にするのですよね。今後の前向きな勤め方、働き方を考えるのなら労務診断も一つの道ですよね。

社会保険労務士の就業規則の作成や更新、見直しは安心してお任せすることができます。プロなので様々な不安に応えてくれるはずです。