設計図を形にするファッション業界の職人パタンナーとは

パタンナーとは洋服を形にする要の職業

洋服はまず、ファッションデザイナーが出来上がりをイメージして、デザインを完成させます。そのデザインをデザイナーのイメージ通りに形にし、パターンを起こす職業がパタンナーです。デザインとは、元々は紙の上で作られるものです。それを立体化して実際に人が着用できる形にパターンを立ち上げるパタンナーは、洋服が出来上がるためには欠かせない職人なのです。パタンナーはデザイナーの頭の中にある理想形を表現できるよう、精密な技術によってパターンを組み立てていきます。しかし、実際に不可能な形だったり、使用する素材のイメージと違うことも発生します。それをなるべくデザイナーのイメージに近づけつつ、製品化できるように作り上げるパタンナーは、製品の評価を決める重要なポジションの職業です。

気になるパタンナーの給与と勤務体制とは?

パタンナーとして就職する先で代表的な場所はアパレルメーカーです。アパレルメーカーでパタンナーとして活動した場合、平均的な月収は約30万程で、一般的な社会人の給与水準と同程度でしょう。ただし、個人的なデザイナーや小さなデザイン事務所に就職した場合はこれよりも低い月収となる可能性もあります。また、パタンナーという職業では、就職し給与をもらうという形以外にも様々な形態の勤務条件で働くことができます。たとえば、完成した品に対して報酬が支払われる業務委託や、フリーで独立して外注を受ける形式などがあります。こういった勤務条件の場合は、報酬が出来高制になるので、安定した月収が支払われるわけではありません。多くの独立したパタンナーは、専門学校でコネクションを作っておいたり、就職したメーカーで高い評価を受けるなど、独立のための下準備を行っています。

パタンナーになるための近道はある?

パタンナーには、絶対に取らなければいけない資格や学歴などは存在しません。しかし、実際パタンナーになりたい!と思っても、全く経験のない素人をパタンナーとして起用する企業はほとんどありません。パタンナーとして仕事をしていきたいと思ったら、服飾、デザイン系の専門学校に通うことが一番の近道です。ファッション系の専門学校は洋服の歴史や、素材、色などの知識、また、服を作るための実践を多く経験することができるカリキュラムを組んでいるので、服飾知識を沢山取り入れることができるのです。また、パタンナーを目指そうと決意したら、パタンナーの学科がある専門学校への進学をおすすめします。専門の学科があるということはその分多く、パタンナーとしての実績経験を重ねることができるからです。

服飾の専門学校では、縫製や服飾デザインについて基本から学ぶことができます。様々なコースがありますので、自分の目的に合うコースを見つけましょう。